サバガールプレス >> ビギナー >> ルール >> 行く前に知っておきたい!「ゾンビ」は嫌われちゃう!

行く前に知っておきたい!「ゾンビ」は嫌われちゃう!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

db5b3d024fe8c9b64bc9e48a5c02d9d5_s

サバゲーにおいて絶対にやってはならないことの1つにゾンビ行為というものがあります。

これをしてしまうと、せっかくの楽しいサバゲーの雰囲気も台無しになってしまいます。
サバゲーは1人ではできない遊びですので、相手を思いやる気持ちも大切です。

今回は初心者のみなさんに、ゾンビ行為について説明したいと思います。
サバゲーをするなら最後まで自分もみんなも楽しくやりたいですよね!

ゾンビ行為は、しない!させない!の精神でサバゲーに臨みましょう。

そもそも「ゾンビ」って何のこと?

84a41038ad8a26febcc2cca273634892_s

ゾンビとは、「被弾しても申告をせず黙ったままゲームを続ける人」のことを言います。

率直に言えばルールにそぐわない卑劣で姑息な行為です。
サバゲーは被弾したら自己申告しなければならないゲームですので一人でもそのルールに従わない人間がいたら成立しない遊びなのです。

確かに弾が当たってしまって退場となるのは、つまらないことかもしれません。
ですがその自分本位の考えでゾンビ行為をすると、自分以外のみんなが楽しくなくなってしまいます。

大人の心を持ちサバゲーを楽しみましょう♪

気をつけたい!無意識にやっちゃう「ゾンビ」とは

f5049c55c40f49e19db651ee8d02b9ee_s

「ゾンビ行為はしたくない!絶対しない!」と思っていても無意識にしてしまうこともあります。
サバゲーは走ったりして体を動かしますし、さまざまな装備を持ち歩きながら戦うので音が出ますよね。
そのため弾が当たっても気づかずに、そのままプレイしてしまうケースもあるのです。

もしそんなことをしてしまった場合どうすればいいのでしょうか。

ゲーム終了後、他の人から「当たってませんでしたか?」などと言われてしまうことがあります。
当然無実であることもありますので、いきなりそんなこと言われたらムッとなってしまうかもしれません。

しかし無自覚なだけで本当に当たっていたという可能性も当然考えられます。
「気づかない間に当たっていたかもしれません。次からはもっと注意します。」と大人の対応で接しましょう。

2015-09-18

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+