サバガールプレス >> ビギナー >> ガイド >> 迷彩服は国で結構違う?世界各国の迷彩服を紹介!

迷彩服は国で結構違う?世界各国の迷彩服を紹介!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

サバゲーのみならず、ファッション界などでも定番となりつつある迷彩柄

 

パッと見だとどれも同じに見えるなんて方もいらっしゃると思いますが、実は国毎で迷彩柄って結構違うんですよ!

 

今回は緑がベースのベーシックな迷彩服を国別で見ていきましょう!今回は日本を含めた4カ国です。

 

日本(陸上自衛隊)

Jsdf-候補生(新隊員前期)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/迷彩服3型

jf-3camo-bdu-1

出典:https://www.sandgraf.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=987

 

まずは我らが日本の迷彩服から。陸上自衛隊で使われている迷彩柄はこんな感じです。迷彩服3型といいます。

 

迷彩柄と言えばコレ!と感じる方も多いはず。実はこの迷彩、日本に生えている草木の平均的なデータをもとに着色した迷彩なんですよ。そのため日本の森などで強い迷彩効果を発揮します。

 

アメリカ陸軍

 

アメリカ陸軍で使われている迷彩服はACUというもので、3種類の迷彩パターンがあります。

 

img59764518

出典:http://item.rakuten.co.jp/auc-st-mart/meisai-t-acuk/

 

まずは細かいピクセルで作られた迷彩パターンのUCPから。いわゆるデジタル迷彩というやつですね。

 

実はこちら、「全然迷彩効果ないじゃないか!」と陸軍兵士から苦情が殺到するほど微妙な迷彩パターンなんです。

それゆえこれから紹介する後続の迷彩パターンにお株を奪われることに・・・

 

MultiCam-trans

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

UCPが不評となっていることを受け、次に採用されたのがこのOECPFです。

マルチカム迷彩という呼び名のほうが有名ですかね。

 

確かにUCPに比べて迷彩効果は高かったのですが、今度は「値段が高いんだよ!」と苦情が殺到。なかなか迷彩服作りも一筋縄じゃいかないんですね。

 

post-4082-0-20790500-1433291138

出典:http://www.usmilitariaforum.com/forums/index.php?/topic/241449-latest-news-on-the-ocp-acus/

 

そんな中昨年採用されたのがOCP。OECPFに比べて安価ということもあって配備され始めた新鋭迷彩パターンです。

OCPも今後、なにかしら苦情が出てくるのでしょうか…

 

ロシア陸軍

 

ロシア陸軍では現在、先ほどのUCPに似たデジタル迷彩を採用しているのですが、それ以前に採用していたのがこちらのフローラ迷彩という迷彩パターンです。

A477_I3

出典:http://vk.com/public42732293

 

苔を連想させるほどに深い緑が特徴ですね。

徐々にデジタル迷彩が一般的になってきていますが、今のところはこのフローラ迷彩も使われているようです。

 

ドイツ陸軍

img62919482

出典:http://item.rakuten.co.jp/auc-st-mart/st-berukuro-bdu-doitufurecter-gr/

JY3em

出典:http://p.twipple.jp/JY3em

 

ドイツ陸軍が戦闘服に採用しているのはフレクターパターンと呼ばれる迷彩柄。

混ぜられた茶褐色がカッコいいですね。

 

pom301a

 

!?

 

出典:http://www.rivertop.ne.jp/rivertopsabu/omosiro/pon301.html

2016-02-23

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+