サバガールプレス >> ビギナー >> ゲーム >> 【タッグロワイヤル戦】2人1組で挑む!絆の強さで生き残れ!

【タッグロワイヤル戦】2人1組で挑む!絆の強さで生き残れ!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ルール

gf01f201405312300

タッグロワイヤル戦とは、基本のルールはバトルロワイヤル戦と同じく、最後まで生き残った人が勝つというルールです。
しかしバトルロワイヤル戦と決定的に違うのが、このルールでは名前の通り2人1組での進行となります。

2人1組となり最後まで残ったタッグの勝利となるルールです。

1人がヒットされたら両方退場というルールでもいいですし、もう1人のみで進行するというルールでもいいです。
事前に話し合いましょう。

また、残った1人で進行する場合は、同じく1人だけ残ってしまった人と会った時にその人とタッグを組むというルールでも面白いですよ!
このルールを付属するとあまり見ないトリッキーな展開になること間違いなしです!

1人では心細いバトルロワイヤル戦でも2人になるだけでなんだか心強い、仲間の大切さを知ることのできるルールです。

◆勝利条件
最後までヒットされずに残る
◆敗北条件
ヒットされる

 

注意・禁止事項

◆参加人数が奇数だと・・・
2人1組ということは参加人数が奇数の場合、開催することがためらわれるルールです。
もし奇数でも開催したい場合はメンバーの中でも一番の熟練者の人が1人でスタートすると多少バランスを取れます。

◆物音に注意!
2人で行動するため、物音なども2人分になるということになります。
より見つかりやすい状況になるため、話し合う声や動くときの音などは最小限にするように心がけましょう。

勝つためのポイント

より効率的に動くためにハンドサインを決めておいて使うというのもいいでしょう。
上述の音を少なくするということにも繋がりますし、2人だけなのでハンドサインでの意思疎通も多人数より楽にできます。

また、行動する際にどちらの方向を警戒するかどうかというのも決めておくといいですね。
せっかく2人で行動できるのに2人とも同じ方向を警戒していても仕方ないですね。

とにかくコミュニケーションが大事になるゲームです!事前の話し合いやゲーム中の話し合いがスムーズにいくように取り組みましょう。

photo by Hoàng Duy Khang – 0932.042.042

 

ゲーム一覧へ

関連記事
【バトルロワイヤル戦】自分以外の皆が敵!最後まで生き残れ!
「ハンドサイン」を使ってみよう!どんなメリットがあるのか解説♪

2015-10-13

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+