サバガールプレス >> ビギナー >> ゲーム >> 【バトルロワイヤル戦】自分以外の皆が敵!最後まで生き残れ!

【バトルロワイヤル戦】自分以外の皆が敵!最後まで生き残れ!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
Army Reserve Sgt. Jeremiah Bruce, an infantryman representing the 9th Mission Support Command and a native of Honolulu, Hawaii, engages targets during the M4 Rifle qualification night fire event at the 2013 U.S. Army Reserve Best Warrior Competition at Fort McCoy, Wis., June 26. This year's Best Warrior competition will determine the top noncommissioned officer and junior enlisted Soldier who will represent the Army Reserve in the Dept. of the Army Best Warrior competition in Oct. at Fort Lee, Va.

ルール

バトルロワイヤル戦とは、参加人数をチームに分けず全員が敵同士で戦うというルールです。

ゲーム開始前にフィールド中央に参加者全員が集合し解散、数分後にスタートします。
基本的には殲滅戦と同じルールで最後まで生き残った人が勝ちというルールでOKです。

しかし長期戦になりすぎるようであればセンターフラッグ戦と複合しても良いでしょう。
その場合は最初からフィールドのどこかにフラッグを設置してもいいですし、一定の制限時間を超えたらフィールド中央に設置して最後まで生き残るかフラッグを取った人の勝ちというルールでもOKです。

とにかく個人の技量が試されるゲーム方式なので、自分の力を試してみたいときに開催してみてはいかがでしょうか♪

◆勝利条件
最後までヒットされずに残る

◆敗北条件
ヒットされる

 

注意・禁止事項

◆参加者の経験の差に注意
個人の技量が試されるということは参加者の経験の差がありすぎると、経験の少ない人からいなくなってしまうということになりがちです。
参加者に経験の差がある場合は、熟練者の人はフルオート禁止、もしくはエアコッキングガンで戦うといったハンデを設けるとバランスを取れます!

◆集中力を切らさないように!
味方がいなく全員が敵なので、当然自分のミスは全て自分に返ってきます。
常に気を張り、いつ狙ってもいつ狙われてもいいように準備しておきましょう!

勝つためのポイント

自分以外は敵ということは自分から無理に戦いにいかなくてもどこかで潰し合いが起こることが考えられます。
状況が悪ければあえてヒットを狙いに行かず、人数が減るまで身を潜めるのもGoodですね!

また、最初に参加者が散るときにおおよそでいいので誰がどの方面に行ったかというのを把握しておくと良いです。
ハンデを付けない場合は、熟練者が行った方向にはあまり近寄らないようにすると生存率を高めることができます。

ゲーム一覧へ

photo by Timothy Hale

2015-10-09

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+